石鎚 純米大吟醸VANQUISH ブランディング

2020  |  ブランディング

石鎚 純米大吟醸VANQUISH ブランディング

2020  |  ブランディング

石鎚酒造が2020年に100周年を迎えるにあたり、「純愛媛県産」にこだわった超高級酒に挑戦することになった。地元愛媛県西条市で収穫されたの酒米「松山三井」と、石鎚山の清冽な伏流水を使って醸した、優雅な香りに繊細で柔らかな味わいが調和した究極の純米大吟醸酒。「有名な酒造好適米を使用しないと高級酒は製造できない」という地酒の常識を打ち破る挑戦に企画・デザインで応えるために、様々な新しい手法に取り組んだ。ネーミングの「VANQUISH 」は「打ち破る」という意味。酒蔵のこれまで培った技術の頂点であり、新しい時代への挑戦でもあるという思いを込めた。
ボトルはお米が削られていく様子、発酵により味わいが洗練されていく様子を、黒からシルバーへのグラデーションで表現。今まで酒瓶では試されたことのない特殊加工に挑戦し、金属のような質感に仕上げた。ボトル装飾は地元の伝統工芸「伊予水引」。銘柄の由来である西日本最高峰「石鎚山」を模した形にしており、地元に暮らすの職人がひとつひとつ手作りで仕上げている。 外箱にも徹底的にこだわり、石鎚山を連想する形状とした。特殊な形状であったため、プロトタイプを何度も作成し、酒蔵の方々や貼り箱職人と一緒に形状と素材を煮詰めて感性させた。 形や色の美しさに加え、酒蔵の思いや地域性を読み込んだストーリーのある商品デザインにできた。

CLIENT:

石鎚酒造株式会社

WEB SITE:

https://www.ishizuchi.co.jp/vanquish.html

STAFF:

Art Direction, Design / FISH 頼富加奈

Project Management, Copy / FISH 白川淳

——
Photo / 赤松章(ASEM-STUDIO)

石鎚 純米吟醸シリーズ 商品デザイン

2020  |  ブランディング

NEXT