えひめのお酒35蔵 推し酒さがそキャンペーン

2022  |  広告/プロモーション デジタルコミュニケーション 地域課題解決

えひめのお酒35蔵 推し酒さがそキャンペーン

2022  |  広告/プロモーション デジタルコミュニケーション 地域課題解決

愛媛県と愛媛県酒造組合が実施したコロナ禍によって大きな影響を受けた愛媛県内の蔵元を支援するためのマストバイキャンペーンの企画・制作を担当しました(キャンペーンは現在終了しております)。「困っているからお酒を買ってほしい」ではなく、地元にある35の蔵元のお酒から「推したいお酒(=推し酒)を見つけてほしい」というコニュニケーションを展開することで、楽しみながら地酒を選んでもらう明るく楽しいキャンペーンとすることを目指しました。
キャンペーンでは、地元で活躍するガールズバンド「たけやま3.5」に、愛媛にある酒蔵の数にちなんで、「さけやま35」として期間限定で活動していたきました。県内の酒販店や愛媛の酒ファンの皆さまにも協力いただき、店頭やSNSで様々な発信を行った結果、当初の予想を大きく上回る応募をいただきました。またキャンペーン期間中はSNSで「#えひめ推し酒」で多くの投稿があり、地元の方に愛媛にたくさんの酒蔵と美味しい日本酒があることを知っていただくことができました。

CLIENT:

愛媛県

STAFF:

Produce,Planning/FISH白川 淳

Creative Direction, Copy, PR / FISH 菊川 祐大

Art Direction, Design / FISH 頼富 加奈

——

Photo / 川井 征人(カプセル)

WEB Direction / 渡邉 ゆみえ(Bespoke)

Design / 白石美樹(セーラー広告)

——
Agency /セーラー広告株式会社

「梅錦 純米大吟醸 百花の魁」商品デザイン

2022  |  商品開発/ブランディング

NEXT